【おすすめ漫画】『こういうのがいい』あらすじとちょこっとレビュー(ネタバレなし)

Pocket

30秒でわかる、はじめにレビュー

「したい時に、したい事を、したい人と。この関係にラベリングなど不要ッ‼」
令和の現代だからこそ、わかりみが深い新感覚観察ラブ(?)コメディ!
となりのヤングジャンプで初めて見た時にどハマりしました。

現代をゆるく生きる二人が、堅苦しい肩書き、めんどくさい束縛とかから開放されて、お互いに自由な友達として付き合う様子を眺めていく。

そこそこに家が近くて、飯食いたい時に誘えて、やりたい時にやる。
めちゃくちゃいいじゃないか。。。

どハマりしすぎて、毎週金曜日の12時が楽しみで仕方ない。

「こういうのがいい」(となりのヤングジャンプ)

概要

作者双龍
ジャンル日常
出版社集英社
掲載紙となりのヤングジャンプ
発表期間2021年〜
巻数1巻 (2021年5月現在)

ストーリー

在宅ワークも可能なエンジニアの村田。ファミレスアルバイトの友香。
オンラインゲームのオフ会で出会う。

二次会に誘われるもそれぞれの都合で断るふたりだが、実はだるくなったから断っただけ。
ということもあり、二人で二次会をして意気投合していく。

彼氏彼女という枠でもなく、セフレほどドライでもなく、
お互いにの居心地のいい距離感に名前なんかないから、
「こういうのがいい」。わかりみ深海レベル。

登場人物

村田元気

「こういうのがいい」(となりのヤングジャンプ)

在宅勤務のエンジニア。
気だる目で今までも彼女がいたが、めんどさい束縛や勝手な期待に疲れた。うん、わかる。

江口友香

「こういうのがいい」(となりのヤングジャンプ)

ファミレスアルバイト。
エロコンテンツ、AVとか好き。しかし今までの彼氏に、それはともちゃんらしくないと言われめんどくさくなる。
かわいい。

おすすめポイント

名前のない関係が羨ましい!

「こういうのがいい」(となりのヤングジャンプ)

たまたま趣味が合って、なんとなく意気が合い、気軽にご飯に行って、そのままエッチをする。
いてくれたら嬉しいけれど、恋人って枠は今はちょっとめんどくさい。

付き合ってるの?と聞かれたら間違いなく「いいえ」と答えるが、
好きじゃないの?と聞かれたら互いにすこし悩むような。

世間から見たらなんだこの付き合いはと言われそうな関係だが、今のふたりにとってこの距離感が心地いい。
こんなゆるい感じいいなって思う。

現代の会話のテンションにわかりみが深い

流行語なんてものはネットスラングから生まれるものも多いが、現代のリアルが多々出てきて、
作者の双龍さんは相当に若い感性を持っていると感じられる!

  • ぴっぴ(彼氏)
  • わかりみ深海レベル
  • パイチャレ
  • しごおわ
  • 寿司しか勝たん

こんな言葉をしっかりとテンション合わせて使えるのがすごく、しっくりくる。

こんな子と出会いたい

主人公の魅力が全てのこの作品だが、村田も友香も間違いなく友達に欲しい人間だ。

なんだかんだしっかり者の村田、適度な責任感もある。柔軟性もあって、何かを押し付けたり責めたりもしないだろう。
社会ではそう目立つタイプではないが、ともかく一緒にいてゆるく楽しめる感じが心地いい。

自由奔放でおもしろい友香。
ルックスもよく、エロく、楽しい。
相手の心情を察することもできちゃう、実はでき女。

「こういうのがいい」(となりのヤングジャンプ)

まとめ

新感覚大人の日常観察マンガ!

これっていいのかなって。今まですごく真面目に生きてきた人に、こういう感じのもありなんだよっていう一例として見せてあげたい。

ゆるい、おとなの日常を覗き見しているような感覚に同じようにハマり、羨ましがる人と話したい!てか、こんなフレンドほしい。